痩せる効果が期待できるスムージーダイエット!成功するには正しい飲み方やレシピが必要不可欠。1ヶ月で4キロ痩せた私がおすすめする美容、健康にも効果があるレシピ!市販で買えるスムージージュースを紹介しています。

スムージーの世界へようこそ!抑えておきたいスムージーの基本6つ

      2016/08/09

スムージーが美容と健康に良いとブームになってずいぶん経ちます。雑誌やテレビ等メディアで特集が組まれるとスムージーの人気と話題性はどんどん上昇。スムージーは美容・健康ドリンクとして確固たる地位を確立しました。

一方で「めんどくさそう」「難しそう」「自分には…」とスムージーを敬遠している人もまだまだいます。

でも、スムージーは難しくない!
そして女子だけの飲み物ではなく、老若男女に支持される嬉しい効果があります。

スムージーを飲むことで、心とカラダの不調を整えてすっきりすると思います!

ここではスムージーにまつわる基本のことを6つ紹介します。

スムージーとは?

スムージーとは

「スムージー」を毎日飲んでいる人、増えていますね。
モデルや女優が健康管理やダイエットを目的に行っていると話題になり、テレビや雑誌などで特集が組まれることで広がると、あっという間にブームになりました。

スムージーは凍らせた果物や野菜をミキサーに入れて作ったシャーベット状の飲み物。英語では「Smoothie」と表記しますが、スムージーはもともとアメリカで考案されたローフードの一つです。

現地ではキャンパス内にスムージースタンド(スムージー専門店)があることも多く、学生がスムージーを朝ごはん代わりに飲むというのは珍しいことではない様子。

スムージーは素材を加熱していないため、果物や野菜が持っていたもともとの栄養素が破壊されることがありません。スムージーはヘルシーで栄養価が高いドリンクなのです。
スムージーと似た形状のドリンクとして、シェイクやフローズンドリンクがあります。しかし、スムージーとシェイク、フローズンドリンクは全くの別物です。

シェイクは牛乳やアイスクリーム、砂糖やチョコレートなどの甘味物を混ぜて(シェイクして)作ったもので乳製品が主役。フローズンドリンクはドリンクにクラッシュドアイスを加えて作ったもの。

スムージーは野菜や果物が主役のものと覚えておくといいでしょう。

POINT①

スムージーとは、野菜や果物を凍らせてミキサーにかけたシャーベット状のドリンク。野菜や果実を丸ごと使う&非過熱のため栄養価が高い。シェイクやフローズンドリンクとは別物である。

スムージーと野菜ジュースとの違いは?

野菜ジュースとの違い
スムージーが野菜や果実を主役にした飲み物なら、野菜ジュースだって同じはずです。
しかしもちろんスムージーと野菜ジュースには違いがあります。

野菜ジュースとスムージーの最も大きな違いは、使う道具の違いです。
ミキサーで作るのがスムージー、ジューサーで作るのが野菜ジュースです。
ジュースと比べると食物繊維や栄養素が豊富なスムージーで今年の酷暑を
乗り切りましょう。
引用「スタッフ日記|宗教法人 野村病院 病院紹介サイト

スムージーと野菜ジュースの違いの1つ目は、過熱処理の有無です。
さきほどもお話しした通り、スムージーは「ローフード」であり非加熱、一方の野菜ジュースは熱処理が行われています。

ビタミン類は加熱をすることで破壊されてしまうと言われています。ですから多くの栄養素を摂取したいなら、野菜ジュースよりもスムージー。

野菜ジュースで栄養素を補うことは難しく、考えてみれば野菜ジュースが「栄養補助食品」という位置付けなのも納得できますね。

2つ目はスムージーはミキサーでつくり、野菜ジュースはジューサーで作るという道具の違いがあります。

ミキサーでつくるスムージーは、果物や野菜をそのまま丸ごと使います。それを刃で細かく切り刻み、材料を混ぜ合わせて(ミキシングして)作ります。
そのためスムージーには繊維質なども残り、どろっとした口当たりになります。

一方の野菜ジュースはジューサーで果物や野菜などから繊維質を分離し、水分を絞り出して作ります。
繊維質などが含まれないのでさらっと口当たりの良いドリンクになります。

もう1つ、スムージーと野菜ジュースの違いとしてスムージは野菜、果物と水(牛乳などの場合も有)で作られていますが、野菜ジュースには添加物、保存料が入っている場合が多々。

こうした食品添加物の側面もスムージーと野菜ジュースの違いとしてあげられます。

POINT②

スムージーと野菜ジュースは主役が野菜・果物である点は同じだが、「道具」「加熱の有無」「添加物の有無」という点が違う。スムージーはミキサーを使用し、非加熱のため栄養素がそのままドリンクに残る。また添加物も加わらないため、安全・安心なドリンクといえる。

スムージーにもいろいろ種類がある

スムージーとひとことに言っても、種類があり、日本ではグリーンスムージーが最もポピュラーですよね。
グリーンスムージーのことを指して「スムージー」という人も多いでしょう。
そのほかにもフルーツスムージー(デザートスムージー)ヘルシースムージーダイエットスムージーなどがあります。

それぞれの特徴を簡単にまとめます。

1、グリーンスムージー

グリーンスムージー

スムージーの代表格、グリーンスムージー。

「グリーンスムージー」とは、グリーン(生の緑の葉野菜)とフルーツと水をブレンダーで混ぜ合わせたもの。材料と作り方は驚くほどシンプルです。
引用「グリーンスムージー【看護部より】 | 不妊治療・不妊専門病院「はらメディカルクリニック」

「モデルや女優が美容と健康のために続けている習慣」としてテレビや雑誌で紹介されると瞬く間に浸透しました。

グリーンスムージーは、緑の葉野菜と果物と水を作るスムージーです。クックパッドでスムージーのレシピを検索すれば1700件以上のレシピを見つけることができます。

組み合わせによって味も効果も変わってきますので、いろいろ試してみるのがおすすめです。

グリーンスムージーは野菜と果物のみで作られるため、カロリーが低くビタミンなどの栄養価が高いドリンク。
食物繊維を多く含み腹持ちもいいので、グリーンスムージーで置き換えダイエットをする人もたくさんいます。

2、フルーツ(デザート)スムージー

フルーツスムージーはデザートのように味わうためのスムージーです。
果物をメインに、水ではなく牛乳や豆乳アイスクリームなどと一緒にミキサーにかけます。

甘いものが好きな方はさらにシロップを加えても◯。

シェイク感覚で飲むことができ、おやつなどの間食の代わりにするのもおすすめです。

3、ヘルシースムージー

ヘルシースムージーはグリーンスムージーと同様に美容や健康のために飲むスムージーです。

必要な栄養素をサプリメントではなく、食物(ドリンク)として摂取したい人におすすめ。
欲しい栄養素を意識して作り・飲むため、飲む人ごとに内容物の大きく異なるスムージーです。

4、ダイエットスムージー

ダイエットスムージーは海外では「Weight Loss Smoothies」と呼び、甘味料を全く入れず、満腹感を得ることを目的として作られるスムージーです。

最近話題になっているのが、「チアシード」を入れたスムージー。
ダイエットは空腹感との戦いになりますので、膨張性があるチアシードをスムージーに加えることで空腹感を抑えることができるのです。

チアシードは、中性脂肪を下げる働きも期待できるといわれています。

POINT③
スムージーは大きく分けると2種。健康や美容のためのスムージーとスイーツ感覚で味わうためのスムージーとがあります。そこからさらに細分化はされるのですが、いずれも果物や果実をまるごと使います。

スムージーが子どもから大人、年配の方まで夢中にする理由は?

スムージーは女の子のためだけのドリンクではありません。
子どもも大人も年配の方にも嬉しい効果があり、様々な世代に浸透しつつあります。

スムージーの最も大きな効果としては、具体的に次の4つがあります。

この美容・健康にまつわる嬉しい効果こそ、老若男女を虜にする理由と言い換えてもいいかもしれません。

1、肌にも良いと、若い女性に人気

スムージーは野菜や果物の栄養素を破壊することなく、まるごと摂取することができるのがいいところ。
つまり手軽にビタミンやミネラルを摂取できるということです。

ときに抗酸化作用のある果実(ブルーベリー、ザクロ、アサイーなど)を使ったスムージーを作れば、肌のシミやシワの原因となる酸化を防御してくれるといわれています。

ビタミンCが豊富なキウイ、アセロラ、グレープフルーツ、ストロベリーなどもおすすめの果実。

コラーゲンの生成を促し、肌を健康的な状態にしてくれると言われています。ビタミンCは美白効果も期待できます。

2、お通じを改善!便秘ぎみな女性にも人気

スムージーには野菜や果物の食物繊維がたっぷり。
食物繊維を十分に摂ることができるので、便通がよくなるといわれています。

便通が良くなることで老廃物・毒素もきちんと排出され、腸内環境を整えることも。

むくみの改善や美肌にもつながると言われています。

3、血液のサラサラに役立つから健康面でもおすすめ

スムージーを続けることで、血液がサラサラになると言われています。

とくに最も有効と考えられているのがグリーンスムージー。
葉野菜に含まれるクロロフィルが血液内で酸素の受け渡しの手助けをし、体内に行き渡たらせてくれます。
これによってコレステロールが正常になり、ドロドロだった血液が徐々にサラサラに。

動脈硬化や高血圧にも効果的だと考えられています。

4、スムージーは置き換えダイエットに最適

様々な栄養素を摂れるスムージーはダイエットの強い味方。
食物繊維が豊富で満腹感をあたえてくれるため、置き換えダイエットにも向いています。

置き換えがキツい人には、食前のスムージーがおすすめです。

食事の30分?40分前にスムージーを飲んでおくことで、スムージーの満腹感から食べる量を減らせると言われています。

ダイエットに食事制限はつきもので、食事を制限することで栄養素が偏りフラフラになってしまうことも珍しくありませんが、スムージーなら栄養素をきちんと摂取することができるため、その心配も少ないと言われています。

POINT④
スムージーは子どもから年配の方まで幅広い世代に嬉しい効果が期待できるドリンク。この健康効果こそスムージーが女子の間のみでなく、幅広い世代に広まった理由といえる。

このように、スムージーを飲むことで嬉しいことがたくさんありますね。
もっと詳しく知りたい方は「スムージーの効果」をご覧ください。

スムージーは自分でも簡単に作れるの?おすすめの作り方とは

スムージーの種類や効果については理解していただけたと思います。
しかし、体に良くても手軽で美味しくなければ続けられませんよね。
その点もきっとスムージーは大丈夫!
スムージはほとんどミキサー一つで簡単に作ることができ、さらに味は自分好みに調整することができます。

これから紹介する基本さえ抑えておけばいいのです。
素材も味付けも自分好みでOKなので、いくらだってバリエーションを広げられてしまうのもスムージーの魅力といえます。

スムージーを作る

<スムージーの作り方>

  1. 野菜は果物を細かく切って、冷凍する
  2. (1)の材料を水や牛乳、ヨーグルトなどと一緒にミキサーに入れる
  3. ミキサーでドロドロにしたら、口の広いグラスに注いで完成!

※注意点

  • 野菜や果物は皮を剥かずにまるごと使う
  • スムージーはその日のうちに飲みきる
  • でんぷん質の野菜(根菜類など)は避ける

でんぷん質の野菜を入れない方がいい理由としては、でんぷん質の野菜はフルーツとの食べ合わせが悪く、消化をさまたげてしまうからと言われています。

スムージを甘くしたい人はミキサーに材料を入れる際、蜂蜜や砂糖、シロップなどを加えて甘味を調整するのもOKです。
ただしダイエットスムージーとしてカロリーを抑えたい場合などは、入れすぎにご注意を。

なるべく素材の味を楽しみましょう。

POINT⑤
スムージーに作り方は簡単。材料を細かく刻んで凍らせ、ミキサーにかけるだけだ。材料を選ぶ際、ミキサーにかける際の注意としては、でんぷん質の材料を避けることと、材料をまるごと使うこと。
あとは好きな野菜や果物、摂りたい栄養素から組み合わせを考えればOK。

作るのが面倒な方には市販のスムージーがおすすめ

スムージーに挑戦したいけれど、自分で野菜や果物を買ってきたり刻んだりするのが面倒!という人は粉末スムージーの市販という手段があることも覚えておくといいでしょう。

粉末スムージーはドラッグストアなどで購入可能。

作り方は水に溶かすだけです。
味も安定していますので食材の組み合わせを考える手間を省くこともできますし、ミキサー購入の初期費用を抑えたい方にもおすすめです。

最近ではスムージー人気が相まって、様々なメーカーが粉末スムージーを販売しています。

いろいろと飲み比べてみるのも面白いかもしれませんよ。

POINT⑤
スムージーは市販もされている。材料の下ごしらえや組み合わせを考えるのが面倒という人は、ドラッグストアなどで売られている粉末を利用してみるのがおすすめ。適量の水や牛乳などと混ぜるだけなので、あっという間につくることができ、さらに味も間違いがないだろう。

まとめ~スムージーと美容・健康の素敵な関係~

スムージーがおすすめ

スムージーは知れば知るほど奥が深いということができるかもしれません。

美容・健康にいいとはなんとなく知りつつも、漠然としか効果を知らなかった人や、手間だと飲敬遠していた人。
「一度やってみようかな?」と興味を持っていただけたら幸いです。

適度な運動と食は美と健康の基本。
野菜と果物をたっぷり取れるスムージーはきっと体も心も満足させてくれます。

素材の組み合わせは無限&手間をかけずに混ぜるだけの日もOK。
次の休日の朝、好きな果物を手にとって、気負わず挑戦してみては?

スムージーダイエットTOP

 - スムージーの基本