スムージーのおすすめレシピ

バナナおからグリーンスムージー

更新日:

おから

おなじみのフルーツ「バナナ」、1年中買えますし、値段も安く、いつも家にあるという方も多いのではないでしょうか。

そのまま食べても良いですが、スムージーにも定番の材料で、バナナを使ったレシピがたくさんあります。

バナナは食物繊維、カリウム、マグネシウムなど栄養素がたいへん豊富なので、スムージーにしてとることで、いろいろな健康効果が期待できます。

今回はバナナを使った女性にうれしい効果があるスムージーをご紹介します!

2018ダイエットスムージー人気ランキングをチェックする

バナナおからグリーンスムージーのレシピ

スムージー

バナナおからグリーンスムージーで便秘とさよなら!

このスムージーは便秘解消に効果抜群です!

しかも、砂糖を入れなくてもバナナとキウイの甘さでとても美味しいんですよ。

材料 (1~2人分)

  • バナナ1/2本(よく熟れたもの)
  • アボカド1/2個
  • グリーンキウイ1個
  • 生おから 大さじ2(きめの細かいものがおすすめ)またはおからパウダー 大さじ1
  • 豆乳200cc

バナナおからグリーンスムージーはこんな人におすすめ!

このスムージーは便秘に悩む方におすすめです。

便秘に効くと言えば、第6の栄養素と言われる食物繊維!

アボカドの食物繊維量は100g中5.3gで果物の中でトップクラスです。

しかも便の量を増やし、腸の運動を促す不溶性食物繊維と、水に溶けて腸内の不要なものを排出してくれる水溶性食物繊維の割合がほぼ2:1。これは理想的なバランスなのです。

またアボカドに含まれる脂肪分のオレイン酸は、オリーブオイルの主成分です。

スルッと排出するのに役立ってくれます。

おなじみのフルーツ、バナナとキウイフルーツにも食物繊維が多く入っています。

おからは食物繊維の宝庫で、豆腐と比べると15倍の食物繊維が含まれており、しかも腸内の善玉菌を増やす働きをもつオリゴ糖を多く含みます。

このスムージーはお腹によい食べ物を組み合わせることで相乗効果が得られます。

バナナおからグリーンスムージーの作り方

作り方の手順です。

1.バナナとキウイは皮をむいてミキサーに入る大きさにカットする
2.アボカドは半分に割って種を取り出し、適当にカットする
3.切った果物をミキサーに入れ、上からおからと豆乳を入れる
4.ミキサーで混ぜる

材料を切って混ぜるだけなので、とても簡単です。作り始めて3分もしないうちに出来上がりです!

バナナおからグリーンスムージーがおすすめできない人

材料の中にあるキウイですが、口がかゆくなるなどアレルギーのある方がいるかもしれません。

その場合は冷凍ブルーベリーを使うのがおすすめです。

ブルーベリーは食物繊維が大変豊富なのです。

生のブルーベリーはなかなか手に入りにくいですが、冷凍ならいつでも買えますね。ビタミンCなどいくつかの栄養素は、冷凍の方が生のブルーベリーよりも栄養価が高いという研究もあります。

ゴールデンキウイはどうか?と言うと、アレルギー成分になるたんぱく質分解酵素は、グリーンキウイに比べるとはるかに少ない量しか含まれていません。

ただし絶対にアレルギーが起きないということではありません。

食物繊維量もグリーンキウイに比べるとずっと少ないです。

また豆乳の味が苦手という方は、もちろん牛乳に置き換えて頂いて構いません。

バナナおからグリーンスムージーはダイエットにもおすすめ

このスムージーはもちろん便秘で困っている方におすすめですが、ダイエット中の方にもとても良いレシピです。

バナナとキウイの甘さで、砂糖なしでもおいしく、アボカドとバナナ、おからが入っているので、クリーミーでなめらかな食感になり、とても満足感があります。

食物繊維を含む食べ物ばかり使っているので、お腹がふくれて腹持ちも良いです。

朝ごはんをこのスムージーに置きかえることでダイエット効果が期待できます。

キウイに含まれる酵素は肉や魚のたんぱく質を分解してくれます。

またバナナ、キウイはカリウムが豊富でむくみを解消してくれます。

他にもアボカド、キウイのビタミンEは美肌効果があることで知られています。

1杯でいろいろな効果があるバナナおからグリーンスムージー、ぜひ毎日の生活に取り入れたいですね!

-スムージーのおすすめレシピ

Copyright© スムージーダイエットの達人 , 2018 All Rights Reserved.