スムージーのおすすめレシピ

ほうれん草と黒ゴマのスムージー

更新日:

黒ごま

スムージーにも色々ありますが緑のものを使ったスムージーは「グリーンスムージー」と呼ばれますよね。

そのグリーンスムージーの中でも良く使われているのがほうれん草です。

ほうれん草は栄養も高くで味にクセが少ないから食べやすい野菜です。

ではそんなほうれん草を使ったスムージーのレシピを紹介していきますね。

青っぽい味が苦手な人でも飲みやすくなるコツがあるので、ぜひ読んでみてくださいね。

2018ダイエットスムージー人気ランキングをチェックする

ほうれん草と黒ゴマのスムージーの材料

スムージーなら手軽に野菜をとれるので、酵素ダイエットができるとして有名ですよね。

このスムージーはほうれん草と黒ゴマをメインにしたものなので、健康や美容に気をつけたい人にピッタリです。
便秘解消や美肌効果、ダイエットに効果的ですよ。

材料(1~2人分)

  • ほうれん草(2~3束)
  • すり黒ゴマ(大さじ1~2)
  • 牛乳(200~400cc)
  • ハチミツ(大さじ1目安で調整)

ほうれん草と黒ゴマのスムージーは二日酔い対策にもオススメ

ほうれん草を生で使うと酵素をそのまま体に入れることができるので、美容やアンチエイジングに効果が期待できますよ。

また黒ゴマにも抗酸化作用があるのでアンチエイジングにもピッタリです。
しかも肝臓の機能を高めてくれるのでコレステロール値を正常にしてくれますし、鉄分や葉酸も入っていて貧血予防にもなるのです。

女性は貧血の人も多いですし、葉酸も体に必要なので嬉しい成分ばかりですよね。

しかも肝臓の機能を高めるので二日酔い対策にもなりますし、ゴマにはすごい力があるのです。
ゴマは食べるバリエーションがそんなにないのですが、スムージーなら手軽なのでたくさんの栄養がとれますよ。

肌と体の元気の元になるもの成分ばかりなので、美容と健康のためにスムージーを飲みたい人におすすめです。

ほうれん草と黒ゴマのスムージーの作り方

1.ほうれん草をしっかり水で洗います。

2.ほうれん草を適当に手でちぎりますが、そこまで細かくしなくても大丈夫です。

3.ちぎったほうれん草をミキサーに入れ、他の材料も全てミキサーに入れる

4.ミキサーに入れてから1分ほどで全体が混ざるので、液体状になったら完成です。

ほうれん草は茹でた方が飲みやすいですが、火を通すと酵素が破壊されるのでできれば生で使ってくださいね。
材料は目安なので、だいたいの量で大丈夫です。

青っぽい味が苦手な人は茹でてから使うと飲みやすい

このスムージーはほうれん草と黒ゴマがメインとなっているので、青っぽさがあります。

酵素をとるために生で使うので、少しえぐみもあって苦手な人もいるかもしれません。

そういった青っぽさが苦手な人は、ほうれん草を茹でてから使うと飲みやすくなりますよ。

生の方がいいのですが、茹でると栄養が全てなくなるわけでもないですよ。
鉄分やビタミン類も含まれていますし体に良い成分は茹でても残っています。

茹でる時間は30~60秒くらいの短時間にすると、飲みやすくなって栄養も落ちにくいのでおすすめです。

「甘くてジュースみたい」というスムージーでもないので、苦手な人はハチミツの量を増やしたり、キウイやバナナも一緒に入れたりすると飲みやすくなっておすすめですよ。

ほうれん草と黒ゴマのスムージーで健康的に!

ほうれん草は単体でも栄養がある野菜ですが、黒ゴマもほうれん草と同じく鉄分や葉酸が入っているので貧血対策に効果的です。

鉄分の入っている食材は食べにくいのもが多いので、このコンビは使いやすくていいですよね。
美容にも健康にも良いスムージーで、肝機能を高める効果もあるので飲み会がある前に飲んでもサポートとなりますよ。

毎日同じスムージーを飲んでいると飽きてきますから、スムージーのレシピの1つに加えてみてくださいね。

黒ゴマが香ばしいので他のスムージーとは違った感覚で飲めておすすめです。
黒ゴマは1袋かっておけば長持ちするので、使いきれなくて保存している人も多いですよね。
大量消費もできるので美味しいうえに便利ですよ。

-スムージーのおすすめレシピ

Copyright© スムージーダイエットの達人 , 2018 All Rights Reserved.